【賭け麻雀】本気でやるならDORA麻雀はいかが?

賭け麻雀について、日本では低レートでは賭博罪にはならないようです。
検察の偉い方や警察官が賭け麻雀をしても、無罪になりました。
ニュースなどで知っている方も多いと思います。

ですが、日本では賭け麻雀をするのはやめましょう。
あなたが無罪になる保証はないからです。

本気で賭け麻雀をやるならDORA麻雀に挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回は、DORA麻雀について解説します。

【賭け麻雀】DORA麻雀とは?

DORA麻雀

DORA麻雀とは?

賭け麻雀ができる、オンライン対戦麻雀です。
賞金トーナメントなどもあります。

「オンラインで賭け麻雀」と聞くと不安に思うかもしれませんが、もう少しだけ読み進めてください。

詳しく解説します。

日本での賭け麻雀

日本では、賭け麻雀は賭博罪になります。
冒頭にも書きましたが、検察の偉い方や警察官が賭け麻雀をしても、法律上無罪になりました。

ニュースなどを観ている方は「あぁ、あの人だね」と気付いたと思います。

色々なことを総合的に判断されて無罪になったとは思いますが、日本では賭け麻雀はおすすめしません。

なぜなら、あなたが無罪になる保証はありません。
ですので、「日本では」やらないほうがいいと思います。

日本ではです。

DORA麻雀は日本で運営していないので、日本の法律は関係ありません。
次で解説します。

DORA麻雀の運営は日本ではない

DORA麻雀は日本で運営しているオンライン麻雀ではありません。

運営はマン島です。
マン島と聞くと「どこ??」って思うかもしれません。
ヨーロッパにある島です。

オンライン麻雀で「何でマン島?」と思う方もいると思います。
理由は、DORA麻雀はカジノとして運営しているからです。

マン島政府発行のライセンス

賭け麻雀をオンラインで出来るのは、オンラインカジノと同じようにマン島政府発行のライセンスを取得しているからです。

オンラインカジノは聞いたことがあるでしょうか?
店舗カジノのオンライン版と考えると分かりやすいかもしれません。

麻雀のオンラインカジノ版が「DORA麻雀」です。
ですので、賭け麻雀ができるのです。

【賭け麻雀】DORA麻雀は信頼できるの?

賭け麻雀

賭け麻雀をオンラインでやるのは、不安があると思います。

  • 配牌は公平なのか
  • 何かズルをされるのではないか

先にも解説しましたが、DORA麻雀はマン島政府発行のライセンスを取得しています。

ライセンスを取得したら終わりではない

ライセンスを取得するのは時間と費用がかかります。
その他にも、麻雀ソフトの公平性なども調べられます。

マン島政府が発行するライセンスを取得するには厳しい審査をクリアしなければなりません。
ライセンスを取得したら、それで終わりではありません。抜き打ちで監査があります。

違反があれば、ライセンスの剥奪や重い罰などがあります。
ですので、DORA麻雀を運営する限り、厳しい監視や監査を受けることになります。

もちろん、麻雀のプログラムなども監査の対象になります。

もしも同じように賭け麻雀をオンラインで出来るサイトがあった時は、「ライセンスを取得しているか」を必ず確認してください。

DORA麻雀の儲けはどこから?

DORA麻雀は賭けができるオンライン麻雀だと理解できたと思います。
ですが、普通のオンラインカジノとは違います。

オンラインカジノは「客の損失がカジノの儲け」になります。
DORA麻雀は客同士で麻雀をやりますので、損失から儲けは出ません。

では、収益はどこから?

答えは「場代」です。
麻雀で勝利したときのみに「場代」を徴収されます。
ですので、負けた時は場代は必要ありません。
そのテーブル内で勝った人が場代を払います。

  • 半荘戦15%
  • 東風戦10%

場代は上記の通りです。
それがDORA麻雀の収益になっています。

「わずかな場代だけで運営できるの?」って思う方もいるかもしれません。
そこにはカラクリがあります。

実店舗vsオンライン麻雀

雀荘とオンライン麻雀で比較してみます。

実店舗の雀荘では、「店舗の家賃」や「自動雀卓の費用」や「人件費」や「光熱費」などがかかります。

オンライン麻雀では、上記の費用が最小限で済みます。
さらに、オンラインなので実店舗と違い、近所の人が通う数卓程度の小規模雀荘ではありません。

オンラインならではの大人数を収容可能なので、利益も出せるのです。

【本気の賭け麻雀】DORA麻雀のレートや卓の選び方

賭け麻雀

ここからはDORA麻雀のレートや卓の選び方を解説します。
基本的にDORA麻雀ではドル($)の表記になります。

DORA麻雀のレート

レートは、$0.5~$256です。
50数円程度から賭けを楽しむことができます。

ただ、最大限負けた場合を考慮して「保留金」の金額を持っていないと卓には参加できません。

例えば、「$0.5/$1」レートになっていた場合、$1が保留金になります。
この場合、最大限負けても$1です。
ですので、$1を持っていれば卓に参加できます。

数字の大きい方を見るようにしましょう。

DORA麻雀の卓の選び方

卓は3人、4人があります。
「東」のみ、「半荘」などがあります。

卓は自分で選んでエントリーします。
例えば、「3人麻雀、半荘戦 $1」や「4人麻雀、東風戦 $16」など、自分がやりたい「人数」や「対局」や「レート」で卓を選ぶことができます。

卓が埋まれば自動的に麻雀が開始されます。

さらに、定期的にトーナメント大会も開かれています。
上位入賞すると賞金がもらえます。

参加料があるトーナメントと、無料で参加できるトーナメントがあります。
やはり参加料があるトーナメントの方が賞金が高くなります。

賞金総額1万ドル(約105万円)などのトーナメントもあるので、ぜひ参加してみてください。

賭け麻雀の入金は?

賭け麻雀 入金

賭け麻雀をするには入金が必要です。
現在、ドラ麻雀で対応しているのは以下の通りです。

  • クレジットカード(VISA/MASTER)
  • プリペイドカード
  • ecoPayz
  • 銀行送金
  • Bitcoin
  • iWallet
  • VenusPoint

見慣れない決済もあるかもしれません。
オンラインカジノでも上記のような決済ですので、DORA麻雀が特殊な感じではありません。

やはり入金ではクレジットカードが決済が早いです。

【まとめ】賭け麻雀はオンラインで楽しもう

オンライン賭け麻雀

私の知る限り、オンラインで賭け麻雀ができるのは「DORA麻雀」しかありません。

もしも、裏カジノや闇カジノのように日本国内で闇雀荘や裏雀荘みたいなのがあっても絶対に行ってはいけません。

マン島政府発行のライセンスを取得しているDORA麻雀で遊ぶほうが賢い選択だと思います。

高いレートでは、1位になれば大きな収益になります。
腕に自信があるなら挑戦してみてはいかがでしょうか?

自信の無い方でも$1程度から遊べます。
ゲームセンターで100円使って麻雀するなら、賭けて増やすことに挑戦してみてください。

コロナが心配ですので、麻雀はオンラインで楽しむのが一番だと思います。